ENPAWD76.zip MS-WORD用新特許事務ツール ver. 2.76(2024-02-01) 特許願書、明細書等作成マクロ(フリーソフト)
TAROPA40.zip 一太郎用特許事務ツール ver. 1.40 (2023-07-03) 特許願書、明細書作成マクロ(シェアウェア)
marpatDD49.zip 秀丸用特許事務ツールver.1.49(2022-11-26) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト) 田楽DLLを使用
SakuraTG13.zip サクラエディタ用特許事務ツールver.1.13(2022-11-26) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト)
MeryTG20.zip Mery用特許事務ツールver.1.20(2022-11-26) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト)

2020年12月22日

YPO.chmがver. 2.34になりました

【今回の変更点】
商標審査便覧、を更新
意匠審査基準、を更新
国際出願(意匠)、を更新
【商標の国際出願】手数料、を更新

今年ももう少しですね。皆様もコロナ禍の中でいろいろ思うところはあるでしょうが、さわやかな気持ちで新年を迎えようではありませんか。
posted by 作者 at 03:36| YPO.chmアップロード

2020年11月08日

YPO.chm がver. 2.33になりました

【今回の変更点】
国際出願(意匠)、を更新
面接ガイドライン【審判編】、を更新
国際出願(商標)、を更新

今年も残すところ二月足らずとなりました。コロナ禍のためにいろいろな変化がありましたが、流れに流されることなく過ごしていきたいと思っています。
posted by 作者 at 09:39| YPO.chmアップロード

2020年10月10日

YPO.chm が ver. 2.32 になりました

商標の国際出願】締約国の情報、に差し替え
国際出願(特許)、を追加
国際出願(商標)、を更新

いやはや、雨の日は多いし、コロナ禍でマスクをしないとマスク警察が発動するし、いやな世の中です。気を取り直して、日々の楽しみに眼を向けたいですね。そろそろ薔薇も開花のシーズンですし。
posted by 作者 at 10:53| YPO.chmアップロード

2020年10月08日

ENPAWDがver. 2.56になりました

【今回の変更点】
1. 前回のver.upで、「versionのダイアログに、特許情報プラットフォームJ-PlatPatにアクセス、特許庁HPにアクセス、VectorHPにアクセス、espacenetにアクセス、Wipo searchにアクセスのボタンを加えました」と書きましたが、後者の二つは実際には加えられていませんでした。今回、この二つに相当する「Espacenetにアクセス」と「PATENTSCOPEにアクセス」のボタンを追加しました。

2. 前回のver.upで、「段落番号が5桁(10000以上)にも対応するように機能を拡張しました。その場合、【00001】〜となります。」としましたが、電子出願サポートサイトの「申請書類の書き方ガイド」によれば、

4桁を超える場合は、5桁で記録します。
例)【0001】、【0002】・・・・・【9999】、【10000】、【10001】

と書かれているので、段落番号付けの仕様をこれに合わせました。

3.大部用段落番号付けを「高速段落番号付け」と名付け直し、その段落番号付けアルゴリズムを1から見直しました。処理速度が改善されてアップしましたので、大部の明細書の段落番号付けにはこれをお使いください。この、高速段落番号付けは、リナンバリング可能になっています。
posted by 作者 at 00:02| ENPAWD ヴァージョンアップ

2020年09月05日

YPO.chmがver. 2.31になりました

しばらくのご無沙汰でした。特許庁HPでの更新があまりなかったのです。

【今回の変更点】
参考審決等の英訳、を更新
国際出願関係手数料、を更新
国際出願(意匠)、を更新

ENPAWDでの段落番号付け・取りを改善しようと思っているのですがなかなか手につきません。職場での環境が変わり、在宅勤務の人が増えている状況を踏まえ、職場のデータベース環境を整えることで手一杯なのです。でも、段落番号付けの問題点はよく理解しているので、近いうちに改善する予定です。
posted by 作者 at 02:51| YPO.chmアップロード

2020年08月19日

ENPAWD がver. 2.55になりました

【今回の改良点】
1. 「符号表の作成」時に、造られるリストを元に明細書の該当箇所にジャンプし、適宜変更・修正することを可能にしました。

具体的には、従来は「符号表の作成」完了時に符号表のファイルが表示されていたのに対し、「符号表の作成」完了時には符号表のファイルが保存されて閉じられ、元の明細書ファイルが表示されます。それと共に(新たに造られた)「符号表関連」のダイアログに符号表リストが列記されて、「特定ジャンプ」のダイアログと同様の仕組みで明細書該当箇所にジャンプすることが可能になりました。

2. クリップボート表示ON/OFFのボタンをダイアログ共通部分に加えました。

3. versionのダイアログに、特許情報プラットフォームJ-PlatPatにアクセス、特許庁HPにアクセス、VectorHPにアクセス、espacenetにアクセス、Wipo searchにアクセスのボタンを加えました。

4. 各種ダイアログをモードレス表示に変更したので、一旦文書を変更してからダイアログに戻ることが可能になりました。例えば、特定Jumpのダイアログで文書の該当箇所にジャンプしてから文書を手直しし、ダイアログに戻ることが可能になりました。

5. 段落番号付けで基本は4桁の【0001】〜ですが、段落番号が5桁(10000以上)にも対応するように機能を拡張しました。その場合、【00001】〜となります。段落番号が5桁にも達する長文の明細書では段落番号付けにもそれなりに長時間を要しますので、じっくりお待ちください。

6. 今回も付録のマクロEXDG(Excel_De_Gansho)のヴァージョンアップはありません。

暑いですねぇ。今回の5.はユーザー様からのご要望によるものです。能力に限りがありますから、要望に何でもお答えできるわけではありませんが、今回のご要望については、私自身も忘れていましたがあらかじめ対応できるよう仕組みが内部にほどこされていました。
posted by 作者 at 01:24| ENPAWD ヴァージョンアップ

2020年07月31日

YPO.chm がver. 2.3になりました

参考審決等の英訳、を更新
国際出願(商標)、を更新

私はマスクをするのが大嫌いです。コロナ禍の初期の頃は突っ張っていて電車内やスーパーの買い物でもマスクなしで済ませていましたが、さすがに近頃は目立つのが煩わしく、仕方なくマスクをしています。が、積極的な意味合いは全くありません。付けてりゃいいんでしょという開き直りです。

自転車に乗っているときとか、ビオトープで一人の時を過ごす際にはマスクなしです。街を歩いていると、車を運転している人とかがマスクをしているのを見ます。そんなときになぜマスクをするのか理解できません。

近頃の風潮、世の中の流れに翻弄されるのは非常に危険な気がします。何事にも自分の判断が大切ではないでしょうか。病気の予防のために一律にあまりに多くの束縛が課されるのは納得できません。
posted by 作者 at 02:31| YPO.chmアップロード

2020年06月24日

YPO.chm がver. 2.29になりました

登録調査機関について、を更新
国際出願(商標)、を更新

コロナ騒ぎで特許庁も私もすっかり日常を見失いかけていました。久しぶりのuploadです。
posted by 作者 at 02:05| YPO.chmアップロード

2020年05月08日

ENPAWD が ver. 2.54になりました

【今回の改良点】
前回の変更点

1. EMPAWDのコマンドのいくつかをMS-WORDのクイックアクセスツールバーに組み込むのは、必要に応じてユーザーがなさることです。これによりENPAWDの操作性が向上します。とは言え、こうしたことに不慣れなユーザーはクイックアクセスツールバーへの組み込みに苦労するかもしれません。そこで、今回、(1)設定、(2)段落番号付け、(3)イメージのリンク挿入、(4)特許庁仕様のHTML文書への変換 、(5)行数50、(6)読込置換、のENPAWDコマンドをクイックアクセスツールバーに組み込みやすくする提案をさせていただきます。これにより上記6コマンドのクイックスタートが可能になりました。

2. 上記1に関連して、設定、段落番号付け、特許庁仕様のHTML文書への変換 のENPAWDコマンドをコマンドボタンのクリック等で実行する場合、同時にコントロールキーが押されていれば、それぞれ別のコマンド、願書・明細書・図面・要約書のテンプレート入力、段落番号取り、特許庁仕様のHTML文書又はタグ付きTXTからの変換が行われるよう改良しました。

に関連します。

@前回のver.upては間違って開発途中のENPAWD.dotmをアップロードしてしまったため、上記6コマンドのうち、(3)イメージのリンク挿入、(5)行数50、(6)読込置換の3コマンドをクイックアクセスツールバーに登録することが実際には叶わず、helpファイルのクイックスタートの項での説明が実体とかけ離れてしまっていました。この点を正しました。

A前回のver.upではCtrlキーを同時に押すことにより「段落番号付け」コマンドと「段落番号取り」コマンドが、「HTMLへの変換」コマンドと「HTMLからの変換」コマンドが逆転する仕様にしました。が、Ctrlキーは一般に割り付けの対象とされやすく、ユーザーが既に割り付けているものとの混乱が生じやすいことが判明しましたので、仕様を+Ctrlキーではなく+[F2]キーに変更しました。

すなわち、[F2]キーを同時に押すことにより、「段落番号付け」コマンドと「段落番号取り」コマンドが、「HTMLへの変換」コマンドと「HTMLからの変換」コマンドが逆転する仕様としました。但し、設定コマンドは[F2]キーを同時に押すことにより願書・明細書・図面・要約書のテンプレート入力コマンドになりますが、その逆はありません。行数50のコマンドは、[F2]キーを同時に押すことにより行数29のコマンドに、[F11]キーを同時に押すことにより行数25のコマンドになります。

B今回は付録のマクロEXDG(Excel_De_Gansho)のヴァージョンアップはありません。

posted by 作者 at 00:40| ENPAWD ヴァージョンアップ

2020年04月18日

YPO.chm が ver. 2.28になりました

全面的に、一つずつデータの見直し、更新をはかりました。


posted by 作者 at 00:51| YPO.chmアップロード