このサイトは一般に知られていないので、ダウンロード数が少ないです。そういうダウンロード数の少ないものをダウンロードしようとするとブラウザによっては「余計な」警告をするものがあります。

Chrome の場合
[ 一般的にダウンロードされておらず、危険を及ぼす可能性があります ]
Internet Explorer の場合
[ ダウンロードしたユーザーの人数が少ないため、コンピュータに問題を起こす可能性があります ]

これはウイルスなどの危険を調べて表記しているわけではなく、
  ダウンロード数が少ない→怪しいファイル→警告する
という無茶な三段論法による警告ですので、どうか安心してダウンロードして下さい。よろしくお願いします。
ENPAWD54.zip MS-WORD用新特許事務ツール ver. 2.54(2020-05-08) 特許願書、明細書等作成マクロ(シェアウェア)
EXDG_FREE10.zip EXDG_FREE(EXCEL_de_Gansho_Free) ver. 1.0(2020-04-01) EXCELで願書作成フリー版(フリーウェア)
DAIFUGO13.zip DAIFUGO ver. 1.13 (2018-08-22) for MS-WORD 実践的符号表作成マクロDAIFUGO(フリーソフト) OFFICE365に対応した版です
DAIFUGO07.zip DAIFUGO ver. 1.07 (2017-06-16) for MS-WORD 実践的符号表作成マクロDAIFUGO(フリーソフト) DAIFUGO.dot同梱はこの版までです
taropa35.zip 一太郎2013玄以降特許事務ツール ver. 1.35 (2016-05-31) 特許願書、明細書作成マクロ(シェアウェア)
marpatDD43.zip 秀丸用特許事務ツールver.1.43(2019-04-14) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト) 田楽DLLを使用
marpat38.zip 秀丸用特許事務ツールver.1.38(2017-07-21) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト) 秀まるおのマクロサーバ使用版はここまで
KiriDErate10.zip 桐DEレートver.1.00(2013-11-29) 桐ver.9sでレート表(フリーソフト)
YPO29.zip YPO.chm ver.2.29(2020-06-24) 特許庁のお知らせをまとめたchmファイル(フリーソフト)
MeryTG16.zip MeryTG ver.1.16(2019-07-30) Mery版特許事務ツール(フリーソフト)
SakuraTG06.zip SakuraTG ver.1.06(2019-08-07) サクラエディタ版特許事務ツール(フリーソフト)

2020年04月04日

EXDG_FREE ver. 1.0

先日ver.up したEMPAWDに付録としてエクセルで願書作成できるマクロEDGEを同梱しました。
で、そのフリー版として機能の一つを封印したEXDG_FREEを作成してみました。

以下はEXDG_FREE_RD.txtからの引用です。
----------------------------------------------------------

【立ち上げ】
EXDG_FREExx.zip(xxは二桁の数字です、以下同)を適宜フォルダに解凍します。

EXDG_FREExxxx.xlsm がマクロを含むファイル(Book)ですので、これをダブルクリックすることにより作業開始です。

ヴァージョンアップ時には、ヴァージョンアップ前のEXDGxxxx.xlsmも同じフォルダ内に移してください。新しいEXDGxxxx.xlsmを立ち上げることにより自動的に旧ファイルから新ファイルにデータコピーされます。この際、同じフォルダにある.xlsmファイルを自動で探しますので、旧ヴァージョン以外の.xlsmファイルがあると不都合が生じ得ます。解凍したフォルダには解凍したファイルと旧バージョンのファイル以外の.xlsmファイルは入れないようお願いします。

【一般的な作業手順】
(1)出願人が新規の場合、シート「出願人」にデータ入力。既存の出願人ならこの作業は不要。

(2)発明考案者が新規の場合、シート「発明考案者」にデータ入力。既存の発明考案者ならこの作業は不要。

(3)シート「例」で当てはまる例を、もしくはシート「Gdata」で入力済みの既存の類似案件を選び、カーソルを当てる。フルサイズ表示のフォームのコマンドボタン「Cusor行をGdata終端にコピー(c)」をクリック(又はフォーム表示された状態で、キーボードで c + Alt)することにより、カーソル行のデータをシート「Gdata」の終端行にコピー。すると、自動的にその行が新たにカーソル行となり、フォームにもその行のデータが表示される。

(4)フルサイズ表示のフォームの出願人頭右側のテキストボックスに、出願人の最初の1文字もしくは2文字以上、もしくは出願人のフリガナの最初の1文字もしくは2文字以上(カタカナでもひらがなでも可)を入力することにより、相当するデータ一覧を下のコンボボックスに表示。コンボボックス内のデータを選択してダブルクリックすることにより、カーソル行の「出願人」の欄及び「出願人識別番号住所」の欄に当該データ(カーソル行の該当欄に既存データがある場合には改行を示す*+データ)を追加。Ctrlキー+ダブルクリックなら、カーソル行の「出願人」の欄及び「出願人識別番号住所」の欄を当該データで差替。

(5)特許事務ツールENPAWDに同梱のEXDGならば、上記(4)と同様の作業で発明考案者の入力が可能。が、本マクロはEXDG_FREEなので、そのような作業はできないように封印済み。発明考案者については発明考案者のシートから手作業で「発明考案者」とその「住所」をコピーし、適宜改行マークである半角の*を挿入することにより作業すること。フルの能力をお望みならば、ENPAWDの正式ユーザーになることがお勧め。

(6)その他、フォームでもしくは直接カーソル行のデータを手入力で適宜変更する。

(7)フルサイズ表示のフォームのコマンドボタン「願書HTML作成(e)」をクリック(又はフルサイズ表示のフォームが表示されている状態で、キーボードで e + Alt)することにより、もしくはクイックアクセスツールバーの「願書html作成」アイコンをクリックすることにより、当該シートのカーソル行のデータに基づきhtml文書がマクロファイルと同じフォルダに作成される。


勿論、(3)と(6)のみを行い、フォームでもしくは直接カーソル行のデータを手入力で適宜変更して(7)を行ってもよいし、いきなりGdataの終端行を選んで、全て手入力し、(7)を行うことも可。
posted by 作者 at 03:00| EXDG_FREE ヴァージョンアップ