ENPAWD62.zip MS-WORD用新特許事務ツール ver. 2.62(2022-04-26) 特許願書、明細書等作成マクロ(シェアウェア)
DAIFUGO14.zip DAIFUGO ver. 1.14 (2022-05-03) for MS-WORD 実践的符号表作成マクロDAIFUGO(フリーソフト) OFFICE365に対応した版です
TAROPA38.zip 一太郎2013玄以降特許事務ツール ver. 1.38 (2022-07-15) 特許願書、明細書作成マクロ(シェアウェア)
marpatDD48.zip 秀丸用特許事務ツールver.1.48(2022-08-06) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト) 田楽DLLを使用
SakuraTG10.zip サクラエディタ用特許事務ツールver.1.10(2022-02-04) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト)
MeryTG17.zip Mery用特許事務ツールver.1.17(2022-02-05) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト)

2022年04月26日

ENPAWDがver. 2.62になりました

続けてのver.upでご迷惑をお掛けします。申し訳ありません。

【今回の変更点】
直前のversion. 2.61でもお知らせしたようにMS-WORDの最新版では「符号表の作成」にエラーが生じてMS-WORDが終了してしまうようになりました。これはMS-WORDの仕様変更に由来するものと思われます。

検討の結果、旧来のように「符号表の作成」完了時に作成したばかりの符号表データを用いて元文書内をジャンプする仕様には無理があり、持続できないことが判明しました。

従って、「符号表の作成」完了時には符号表のファイルが保存され、元文書より前に表示される仕様に変更します。

「符号表関連」のダイアログは削除となりました。



posted by 作者 at 11:55| ENPAWD ヴァージョンアップ

ENPAWDがver. 2.61になりました

【今回の変更点】
MS-WORDの最新版では「符号表の作成」にエラーが生じてMS-WORDが終了してしまうようになりました。これはMS-WORDの仕様変更に由来するものと思われます。

これについてはどうするかしばらく検討の時間が必要です。

さしあたり、「符号表の作成」については上記仕様変更に影響されないversionに戻します。従って、

「符号表の作成」完了時には符号表のファイルが保存されて閉じられ、元の明細書ファイルが表示されます。それと共に(新たに造られた)「符号表関連」のダイアログに符号表リストが列記されて、「特定ジャンプ」のダイアログと同様の仕組みで明細書該当箇所にジャンプすることが可能になりました

ではなく、「符号表の作成」完了時には符号表のファイルが保存される、となります。


MS-WORDではウイルス対策としてVBAの仕様をきつく狭いものにする傾向があります。今回の仕様変更もこういう流れによるものかと思われます。しばらく検討してみますが、符号表の作成がversionダウンして現状のままとなる可能性も十分あります。
posted by 作者 at 03:35| ENPAWD ヴァージョンアップ