このサイトは一般に知られていないので、ダウンロード数が少ないです。そういうダウンロード数の少ないものをダウンロードしようとするとブラウザによっては「余計な」警告をするものがあります。

Chrome の場合
[ 一般的にダウンロードされておらず、危険を及ぼす可能性があります ]
Internet Explorer の場合
[ ダウンロードしたユーザーの人数が少ないため、コンピュータに問題を起こす可能性があります ]

これはウイルスなどの危険を調べて表記しているわけではなく、
  ダウンロード数が少ない→怪しいファイル→警告する
という無茶な三段論法による警告ですので、どうか安心してダウンロードして下さい。よろしくお願いします。
ENPAWD40.zip MS-WORD用新特許事務ツール ver. 2.40 (2017-10-15) 特許願書、明細書等作成マクロ(シェアウェア)
DAIFUGO09.zip DAIFUGO ver. 1.09 (2017-08-04) for MS-WORD 実践的符号表作成マクロDAIFUGO(フリーソフト) OFFICE365に対応した版です
DAIFUGO07.zip DAIFUGO ver. 1.07 (2017-06-16) for MS-WORD 実践的符号表作成マクロDAIFUGO(フリーソフト) DAIFUGO.dot同梱はこの版までです
taropa35.zip 一太郎2013玄以降特許事務ツール ver. 1.35 (2016-05-31) 特許願書、明細書作成マクロ(シェアウェア)
marpat38.zip 秀丸用特許事務ツールver.1.38(2017-07-21) 特許願書、明細書作成マクロ(フリーソフト)
KiriDErate10.zip 桐DEレートver.1.00(2013-11-29) 桐ver.9sでレート表(フリーソフト)
YPO73.zip YPO.chm ver.1.73(2017-10-04) 特許庁のお知らせをまとめたchmファイル(フリーソフト)

2017年07月21日

marpatがver. 1.38になりました

【今回の改良点】
段落番号付けの際に
------------------------------------------------------
【先行技術文献】
【特許文献】
  【特許文献1】特開2011−×××××号公報
------------------------------------------------------

------------------------------------------------------
【先行技術文献】
【特許文献】
 【000×】
  【特許文献1】特開2011−×××××号公報
------------------------------------------------------
とならずに、
------------------------------------------------------
【先行技術文献】
【特許文献1】
  【特許文献2】特開2011−×××××号公報
------------------------------------------------------
となってしまうバグがあることを、ユーザーから指摘されました。これは前回、マクロの記載から旧書式に関わる部分を削除する際に処理を誤り、却って旧書式への一部変換を起こしてしまうというバグでした。これを正しました。

 
posted by 作者 at 02:51| marpatヴァージョンアップ

2017年07月15日

YPO.chm が ver. 1.69になりました

一応、全面的な見直しが終わりました。とりあえず、最新データにしたつもり。ですが、勿論見落としがあるかもしれません。

いつもは変更箇所をいちいち指摘し、星印をつけているのですが、今回は改訂が全面的なので変更箇所の指摘や星印の加入はいっさい省きました。


posted by 作者 at 20:19| YPO.chmアップロード

2017年07月12日

ENPAWDがver. 2.37になりました

【今回の変更点】

(1) 「インデックスが有効範囲にありません」というエラーの真の原因が判明しました。

2016年8月より後に生じたword2016を含むOffice2016の【アドイン】エラーに起因するものではありませんでした。

特定文書OPENに関わるバグでした。特定文書OPENは、filename.txtに表記されたファイル名+最近のファイル名+特許事務ツールに使われるテキスト文書の名が一覧表になっていて、クリックすることにより特定文書が立ち上がるものです。このファイル名を受ける変数の数が34となっていて、今まではそれでも十分にまかなえる数だったのです。それが、恐らくは2016年8月より後に生じたword2016を含むOffice2016の仕様変更によりms-wordが覚えている最近のファイル名の数が飛躍的に増えたのだと思われます。だから、ファイル名を受ける変数の数が34では足りなくなり、「インデックスが有効範囲にありません」というエラーになったようです。

原因を割り出すまでは大変でしたが、割り出してしまえば後の処理は比較的楽でした。ファイル名を受ける変数の数を百増やしたのでもうエラーは出ません。皆様に多大のご不便をお掛けしたことをお詫びいたします。

もう最新のword2016でもエラーが出ませんので、前回の提案によりms-word2016を2016年8月のものにダウンされた方も、自動更新有効に戻されることをお薦めします。

(2)マイクロソフトによるword2007のサポートがもうじき切れるようです。私もサポートの切れる旧版に関わり続けるのも好ましくないと判断いたします。ですので、特にどうということはありませんが、ENPAWDのサポートはword2010以降とさせていただきます。なお、ENPAWDの本体であるdotファイルをdotmファイルに移行するのはもう少し後といたします。
posted by 作者 at 04:10| ENPAWD ヴァージョンアップ

2017年07月11日

ENPAWD ver. 2.36再アップロードしました

あわててver. 2.36をアップロードしたため、ヘルプファイルが旧版のままでした。更に、word2016の不具合解消がOffice365のみならず単品のword2016でも同様に出来ると思われるため、ヘルプを一部手直ししました。

ヴァージョンは変わらずに再アップロードしましたので、既にダウンロードなさった方は、お手数ですがダウンロードし直しをお願い致します。

また、ネットで見る限り、Office2016でのアドイン不具合は現在解消されたことになっております。私のマクロだけで不具合が残っているのか、それとも(考えにくいことですが)ENPAWDがdotファイルであって、dotmファイルでないためにエラーが生じているのか、私のマシンのoffice2016を最新ヴァージョンにしてもう少し検討してみます。

結果はまたご報告致します。
posted by 作者 at 02:06| ENPAWD お知らせ

2017年07月09日

ENPAWDがver. 2.36になりました


【今回の変更点】
まずは、今回の経緯を理解していただくために、姉妹ソフトのDAIFUGOのお話。DAIFUGOはENPAWDのマクロのうち、符号表の作成、段落番号付け取り、平行置換に特化して、フリーソフトにしたものです。
----------------------------------------------------------------
OFFICE365を導入してみると、今まで見たこともないようなエラーメッセージが。「組織のポリシーによってブロックされました」というもの。OFFICE365はクラウドサービスのため、今までよりもウイルスに対する警戒の度合いが高く、どうやらカットアンドペーストを毛嫌いする傾向があるようです。このカットアンドペーストを極力減らすように改善に努めました。

その結果、符号表は今までは新規文書として造られていたものを固定名に変更。例えば、1234.docxなら1234fugo.docxに、ABC.docならABCfugo.docという固定名として保存されるようにしました。
---------------------------------------------------------------------
同様の訂正をENPAWDに施しましたので、全て解決。のはずでした。が、ここで、数名のユーザーの方から既に寄せられていたエラーが私のマシンでもようやく再現しました。「インデックスが有効範囲にありません」というエラーが出たんです。

で、あれこれ調べ、新田さんの記事「【アドイン】Office更新プログラムによる不具合の解決方法」にたどり着きました。

word2016を含むOffice2016には現在も【アドイン】に関しエラーが含まれており、それが原因でユーザーフォームを開こうとすると。「インデックスが有効範囲にありません」というエラーになるようです。Office365を購入されている方は上記の記事を参考にしてword2016を2016年8月の状態に戻して下さい(私のword2016もこのようにしてENPAWDが使えるようになりました)。単品でword2016を購入し、インデックスが有効範囲にありません」というエラーが出ている方に関しては申し訳ありませんが、策がありません。

posted by 作者 at 08:46| ENPAWD ヴァージョンアップ

2017年07月08日

DAIFUGO ver.1.08をアップロードしました。

OFFICE365を導入してみると、今まで見たこともないようなエラーメッセージが。「組織のポリシーによってブロックされました」というもの。OFFICE365はクラウドサービスのため、今までよりもウイルスに対する警戒の度合いが高く、どうやらカットアンドペーストを毛嫌いする傾向があるようです。このカットアンドペーストを極力減らすように改善に努めました。

その結果、符号表は今までは新規文書として造られていたものを固定名に変更。例えば、1234.docxなら1234fugo.docxに、ABC.docならABCfugo.docという固定名として保存されるようにしました。

DAIFUGO.dotの同梱はver. 1.07までとします。そのため、DAIFUGO07.zipも一覧表に残しておきます。
posted by 作者 at 03:09| DAIFUGO ver.up

YPO.chmがver. 1.68になりました

気がついたら、かなり古いデータが紛れ込んでいることが判明。
これから少しずつ旧データをなくしていこうと思います。
特許戦略ポータルサイト、を更新。
知的財産権について、を更新。
産業財産権について、を更新。
産業財産権関係料金一覧(2016年4月1日時点)、を更新。
米国特許商標庁との優先権書類の電子的交換について、を更新。
internet出願ソフトのPCT関連手数料改定について、を更新。
特許審査ハイウェイについて、を更新。

蒸し暑いですねぇ。見に行っていないけれど、蓮の花も咲き始めていることでしょう。
posted by 作者 at 01:37| YPO.chmアップロード

2017年07月04日

YPO.chm がver. 1.67になりました

テーマ改廃情報、を更新。
Fタームテーマコード一覧情報(テーマコード表)、を更新。

梅雨のさなか、むしむし暑い夜を過ごすようになりましたねぇ。
posted by 作者 at 00:39| YPO.chmアップロード